|ホーム安納芋お問い合わせお支払い方法カートの確認


 種子島・本覚房    安納芋レシピを見る

 本覚房農園の「こだわりの種子島安納芋」出荷まで

① 苗づくり (3月初旬)
    今年も苗づくりのシーズンに成りました。
       溝を掘って、石灰を撒いて・・・。
        バキー(妻)も忙しカネー!
② 種芋を並べて・・・。
       誰が一番早く芽を出すのかな?
③ ビニールシートを被せて「フセコミ」完了。
        これで五反分(150坪) 、
        芽が出るのが楽しみです。
④ 発 芽 (4月中初旬)
        「フセコミ」から約1ヶ月。
    出て来ました! これが可愛い苗たちです。

⑤ 安納紅(ベニ)くんです。
     太陽がマブシイ~。 空気が美味しい!
⑥ ほらッ、葉ッパが初々しいでしょう。
  この子(苗)がこれから数千個のあの甘~い
  安納芋になるなんて信じられませんよね。
      伸びろ、伸びろ。 殖えろ、殖えろ!
 

   ⑦ 苗 切 (6月初旬)
  地元のタカハシさん夫妻、移住者のコシノさんに助っ人を
  お願いして苗切です。何千本切れば済むのでしょう。
  気が遠く成りそうです。コシノさんも腰に来ています。
           「イヤ~、腰が痛いすネー・・・。」
⑧ 準 備 (6月初旬) 
  入梅に入り最悪の天候が続き、ようやく本日空に太陽が
  顔を出しました。
  肥料を撒き畑をつくり畝をたて・・・。さあ、いよいよです!

⑨ 植え付け (6月初旬)
  翌日、今日もタカハシさん夫妻、
  コシノさんにお手伝いをいただき
  数千本の「苗の植え付け」が完了
  しました。

⑩ 植え付けの済んだ圃場 (6月中旬)
        「荘厳です!」
  うちの農園をナワバリにしている
  カラスの夫婦が飛んでいます。
 

なえ切り 植え付け ⑪ 成長期 (8月中旬)
  暑い! こんな所に半日いたら
  熱中症どころか「スルメ」に成りそう。
  お紅くんは元気に成長しています。
 この時期は涼しい所でこれが
    一番!「あーうまいッ!」
⑫ 虫駆除 (8月中旬)収穫
⑬ 台風と潮風
  虫さんは
  塩味の利いた
  芋の葉っぱが
  大好物!

⑭ 草引き (8~9月)
  草引き(草とり)。これが一番ツライ!
  まさに地獄(三途の川の石積み)
  なのです。引いても引いても・・・。
  雑草を栽培しているか安納芋を
  栽培しているのか。
  も~う、ヤメテッ!♪
⑮ 収穫開始(10月~12月)
      草引きもほどほどに、
       「エイッ!収穫だ。」
  おッ、良いじゃないか。
  イケル、イケル。
 

  ⑯ 出来栄え (10月~収穫開始)
  「出来た! 成功だ。 虫にも喰われ
   てないぞ。 ウフフ♪」
⑰ バキー(妻)も満足
  「芋の付きもヨシッ! 一枚撮って。」
⑱ 採れたて安納紅
  「一級品じゃないか。 後は甘さだ。」

  ⑲ 保存中 (収穫~順次)10月~12月
  糖度を上げるには適正な温度管理。
  糖度16度以上で完熟安納芋に。(焼き芋にすると40度)
  繰り返しの味見。 「ヨシ! 甘かーッ。 次は天ぷらダッ。」
⑳ 出 荷 (11月~順次開始)
           「本覚房 こだわりの種子島安納芋」

    

HOME種子島・本覚房特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーお問い合わせ(info@honkakubow.jp)
Copyright(C) 本覚房-honkakubow.jp All rights reserved.